あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

2014年10月19日

WWIIドイツ陸軍 ホイッスル(号笛)の吹き方(コード)


今回はドイツ陸軍におけるホイッスルを使用した行動指示についてです。
ちなみに私はこの記事を掲載した時点ではホイッスルを持っていないため、写真のランヤードは飾りと化しています(爆)


【参考動画:Forbidden Ground Official Trailer #1 (2013) - War Movie HD】(YouTube

例えば第一次世界大戦の歩兵突撃シーンを見ればほぼ確実に1回は聞くことになる、あの音ですね。
戦闘において何十何百人もの兵士にまとめて指示を出す時やバラバラな時、混戦時など、直接口頭では無理がある場面で活躍する手段の一つが音です。
サバゲで例えるなら、ゲーム開始やフラッグゲットの合図でホイッスルやアラームなどを使用するという感じです。
また、日常生活を送る中でもそういった音を聞くことはあるでしょう。

これらの時代背景云々については例によって例の如く他に丸投げ任せるとして、第一次世界大戦の映画で聞くホイッスルの音の多くは突撃時の「ピー!」という長い音の単発、またはその連続ですが、あれはほぼ万国共通の「攻撃(突撃)」を意味するコードです。


【参考動画:WHISTLE SIGNAL】(YouTube

参考動画はボーイスカウトにおけるホイッスル(号笛)のコードです。
大雑把に言うとホイッスルの指示は基本的に「長く吹く(長一声、長音)」と「短く吹く(短一声、短音)」の組み合わせで成り立ちます。
記号では長一声を「-」、短一声を「・」で表記します(例:「-・・-」は「長・短・短・長」)。





前置きがかなり長くなりましたが、要するに「ドイツ国防軍陸軍版のホイッスルコードってどんなんよ?」というのが今回のお題です。

以前教えて頂いた内容の受け売りとなりますが、ドイツ陸軍において主に使用されるホイッスルコードは10種類あります。

ドイツ陸軍ホイッスルコード
意味コード備考
集合 ---
指揮官に集合 -・- 
再編成 ・・・・ 
警報 -----長音の繰り返し
前進・攻撃  
後退・撤退 -- 
左方移動 ・・- 
右方移動 -・・ 
左方寄り -・ 
右方寄り ・- 


ついでなのでボーイスカウトの号笛も見てみましょう。
地域によって差異があるそうですが、Google先生に聞いた時に出てきたボーイスカウト名古屋第74団の例で行こうと思います。
ガールスカウトにも共通するんでしょうかね?

参考資料
BOYSCOUT TROOP74, NAGOYA, AICHI, JAPAN(http://blog.goo.ne.jp/nagoya74) / 初級対策講座:ピィー ピッピッピッピッ!(2005年11月22日)

ボーイスカウト号笛コード
意味コード備考
集合 -・・・・
班長集合 -・- 
危険 --- 
開始 ・-
終了 -・ 
注目  
気を付け  
休め ・-・ 


これらのホイッスルコードをドイツ軍がどのように吹いていたのか(長音と短音の長さ、間隔など)はまだわかりませんが、おそらく「遅すぎず、早すぎず、かつはっきりと吹く」という感じではないでしょうか。
ホイッスルの複製品を手に入れたら試してみたいところですね。

以上で「WWIIドイツ陸軍 ホイッスル(号笛)の吹き方(コード)」を終わります。  

2014年10月16日

WWIIドイツ軍 帽子の被り方考察 略帽編(実演有)


今回はドイツ軍の帽子の被り方についてです。
一言で帽子と言っても様々な種類がありますが、手元にあるのはM34略帽の複製品だけですので、コレを基に考察してみようと思います。


【元写真:海外フォーラムで拾ってきて私が着色した写真】

略帽に限らずドイツ軍の帽子の被り方といえば写真のような「横に傾けた状態」がよく見られますが、この被り方は元々規定違反だったようです。
M34略帽採用時に制定された正式な被り方は「真っ直ぐかつ深く被る」とされています。


【元写真:海外フォーラムから拾ってきた写真】

写真左側の兵士の一部が「真っ直ぐかつ深く被る」状態になっています
寒いのでこの時は深く被ってるだけかもしれませんが…。

スターリングラード HDリマスター版 [Blu-ray]

【元画像:Amazonの商品画像「スターリングラード HDリマスター版 [Blu-ray] 」】(画像クリックでAmazonに飛びます)
装備考証なども高い水準と言われる1993年公開の映画「スターリングラード(原題:Stalingrad)」です。

右から2番目、ハンス・フォン・ヴィッツラント少尉(演:トーマス・クレッチマン)の被り方がわかりやすいですね。
こちらも寒いのでこの時は深く被ってるだけかもしれませんが…。


詳細な被り方の資料が見つかっていませんので見様見真似ですが、こんな感じでしょうかね。
少し深く被り過ぎな感じもしますが。
それにしても、モデルが最悪です。

ともあれ、正式な被り方は「真っ直ぐかつ深く被る」というコトなのですが、当時の写真を見ていくと開戦前から既に斜め被りがオシャレの如く大流行していたようで、略帽に限らず制帽などでも、将校階級でも見受けられ、例え高級将校や将官階級の偉い人が来ていても皆がお構いなし、時には偉い人までやっているという写真も残っています
これ以外にも様々な事例はありますが、まさに軍を挙げての「赤信号(規定違反)、皆で渡れば(違反すれば)怖くない」状態です。

撃墜王アフリカの星 [DVD]

【元画像:Amazonの商品画像「 撃墜王アフリカの星 [DVD] 」】(画像クリックでAmazonに飛びます)

ちなみにドイツ空軍エースパイロット、ハンス=ヨアヒム・マルイセイユ(158機撃墜)を描いた1957年公開のドイツ映画「撃墜王 アフリカの星(原題:Der Stern von Afrika)」の前半で、「Im Gleichschritt, Marsch!(歩調を揃え、進め!)」でマルセイユ達が行進後、場面が変わってマルセイユが陸軍将校とすれ違った時にその将校から「制帽をちゃんと被れ!」と注意されたのですぐに制帽を修正、しかし将校と別れた後に「陸軍の将校はうるさいな」と言わんばかりの笑顔で制帽を斜めに被り直すというシーンがあります。

これはWWIIイベントなどでもちょっとしたネタに使えそうですね。


さてさて、「赤信号(規定違反)、皆で渡れば(違反すれば)怖くない」状態のドイツ軍ですが、とある掲示板で気になる書き込みを見つけました。





【気になる書き込み元の掲示板】
・【ドイツ】緑の党が公約「週1日の菜食日」 与党など反発(http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376914681/

158 :名無しさん@13周年:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:9udn+f+WP
白黒写真のナチスドイツ兵はなぜ略帽を斜めに被ってるんだろう
カッコつけてるのかな?とおぼろげに考えていた中学生時代

斜めに被る角度が決められていたことを知って戦慄した高校生時代





注目したのは「斜めに被る角度が決められていた」というキーワードです。
冒頭で「この被り方は元々規定違反だったようです」と濁して書いたのはそのためです。
ゼロとまでは言えませんが、特に戦争後期は真っ直ぐ被ってる姿を写した写真を探す方が大変なので、この書き込みを読んだ後に「もしかして途中でそれを制式にした?」と思い、探してみました。

しかし、これといった情報は見つからず…ただ、ガスシートケースのように「何度も違反注意を通達した」という話は聞いたことがありません。
聞いたことがないだけかもしれませんが。


試しにこの写真の角度を測ってみたところ、約25度でした。
実際はどうだったのでしょうかね…。
統計を取ってみると面白いかもしれません。
それと、傾ける方向は右側が非常に多く、左側は少数派です


残念なモデルによる残念な流行便乗です。
M字の山は両サイドを内側に寄せるのが「ツウのやり方」と某WWIIイベントで教えて頂きましたが、私の略帽では(不器用さも相まって)なかなか上手くいかず、こんな感じになりました。



同じく某WWIIイベントで聞いたお話ですが、さらに略帽の被り方をこだわる兵士の中には、被った時に略帽の上部がV字に開かないようにピンで留めたり縫ったりする兵士もいたそうです
もちろんこのような勝手な改造も規定違反ですが、限られた中でのオシャレ追及は止まりません


試してみました。
改造前と比較すると、こちらの方が横の開きが小さくなった分スマートに見えますね
一緒に写真のモデルもスマートにしたいところです。





という感じで色々探したり読んだり試したりしましたが、そういえばドイツ陸軍の歩兵操典「ライベルト(REIBERT)」には略帽その他の被り方について書いているのでしょうかね。
以前考察した重装サスペンダー装着方法やアンクルブーツ(編上靴)の靴紐の通し方も含め、ライベルトに掲載されていればアレコレ考えずとも話が早いです
復刻版(もちろんドイツ語)の他に英語翻訳版があるそうで、一度読んでみたいと思いますが、いつになるのやらです…。

WWIIドイツ軍 帽子の被り方考察 略帽編」はこれで以上です。  

2014年10月15日

WWIIドイツ軍 レギンス(短ゲートル、ガマシェン)の装着方法(実演有)


今回はドイツ軍が従来のジャックブーツに代わるものとして配備を進めたアンクルブーツとレギンス(短ゲートル、ガマシェン)の組み合わせについてです。

開戦後の急速な増員によってM36野戦服とフリッツヘルメットと共にドイツ軍の代名詞的存在(?)のジャックブーツの需要も当然高まり、それに合わせて消費する材料も以前より増えてきた関係で登場したのが、基本的に非戦闘用のアンクルブーツを戦闘兼用とし、その際に使用するレギンスです。
これらについては戦争中後期のイメージを持っていましたが、開戦から約1年後、1940年8月に制定が通達されました。




これは西ドイツ軍の実物レギンスで、代用品として使用しています。
上のサイズが小さく見えますが、遠近感の関係ですので実際はほぼ同サイズです
両方がペアの一組なのかはわかりませんが、下のレギンスにあるスタンプには1962年製とあります。
レギンス下部縫い付けられている革の補強部分が靴側になり、上が左足用、下が右足用になります。


左足にレギンスを装着した状態です。
靴紐はレギンスの外に出ないようにします。
装着する際の野戦ズボンの状態については特に情報が見つからず、写真ではテキトーに処置していますが、実際はどうだったのでしょうかね。
アンクルブールは代用でアメリカ海兵隊の1944年製実物サービスシューズ(放出印あり)を使用しています。


レギンス同士の重なり部分はアンクルブーツ外周りの側面に合わせます。

特殊な兵科や一部の部隊を除き、採用から徐々にアンクルブーツとレギンスの組み合わせが広がっていきますが、採用から約2年半後の1943年2月、新たな通達によりレギンスの装着規定が変更されました。




左足での新たな装着方法です。
まず野戦ズボンの裾を持って後ろに強く引っ張ります。


引っ張った裾を足の内回りで前方に持っていきます。
全体的にあまりたるみが出ないようにするのがコツです。


その状態でレギンスを装着します。


両足の完成図です。
STEINER氏の記事によると「これはズボンの脛部の摩耗対策で、レギンスと野戦ズボンの裾が同方向に巻かれるため両方が擦れにくい」とあり、他の参考資料でも述べられています。
しかし、同資料でも述べられているように、服装を正す必要のある場面以外では改正前の「単に巻いて終わり」状態が多かったそうです。
ドイツ軍将兵の間ではアンクルブーツ + レギンスの組み合わせは終始マイナスイメージが続き、ジャックブーツを掛けたギャンブルをやったという証言も何かで読んだ気がしますので、そういう背景もあって装着態度に出てきていたのかもしれませんね。

改正後以降の年代設定のWWIIイベント部隊のお偉いさん階級の方のところに集まる場面がある時はコレを行っておくと一層キマると思います。



【参考資料】
・STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類(http://steiner.web.fc2.com) / 短ゲートル
・Der Erste Zug(http://www.dererstezug.com/) / Articles / The Lowly Gamaschen
・作戦報告書(http://panzer1944.blog67.fc2.com) / アンクルブーツ その2



WWIIドイツ軍 レギンス(短ゲートル、ガマシェン)の装着方法」はこれで以上です。  

2014年10月14日

WWIIドイツ軍 アンクルブーツ(編上靴)の靴紐の通し方(結び方)考察(実演有)


今回はドイツ軍のアンクルブーツの靴紐の通し方についてです。
今年夏に参加した日本軍の訓練会で編上靴の靴紐の通し方が間違えていることを教えて頂いたのですが(教えて頂いた方いわく「結構多い間違え方」)、そういえばドイツ軍の編上靴(アンクルブーツ)の靴紐の通し方もどうなっているんだろうと思い、ネットで調べてみました。

しかし、思いの外その情報が見つからず、それならば当時の写真から通し方を確認しようと思うも、ピントが合っていなかったり解像度が悪いなど、詳細の確認が非常に困難です…。
そして考え着くキーワードを駆使して調べ続けた結果、正確なのか否かは二の次とした三つの通し方が見えてきましたのでこれよりご紹介します。

ドイツ軍のちゃんとしたアンクルブーツは所持していませんのでテキトーに用意した靴と靴紐を使用、靴紐のホールは6つと想定して行っています(実物はホールの数にバリエーションがあります)。
何の靴を使用しているのかがわかった方は多分とっても凄いと思います。

それと、山岳猟兵の登山靴や他の紐靴にも共通するかもしれません。





(1)【S&Graf、カンプバタリオン!!、サムズミリタリ屋のカタログ式】

名前の通り、ショップのS&Graf、カンプバタリオン!!、サムズミリタリ屋のサイトにある見本写真で採用されている通し方です。
この方法は「クリス・クロス(Criss Cross Lacing)」、「ロック」とも呼ばれます。

最初は裏側からそれぞれ通し、以降は1ホールずつ互い違いでクロスさせて靴紐を通しています。
上記のショップ以外にも。海外ショップやアンクルブーツの紹介サイトなどでも広く確認できます。
トップの画像に写るアンクルブーツもこの通し方ですね。

【参考資料】
・S&Graf(https://www.sandgraf.jp/
・カンプバタリオン!!(http://www.kampfbataillon.com/
・サムズミリタリ屋(http://www.sams-militariya.com/
・岡山ゴムの靴ひもの結び方。結び方21種の図解や、ほどけにくい結び方等。Shoe Lacing。(http://okayamagomu.co.jp/shoelacing/) / ロック
・Ian's Shoelace Site (http://www.fieggen.com/shoelace/) / Lacing Methods / Criss Cross



(2)【検索で見つけたコレクションの写真式】

Google検索中に見つけたアンクルブーツのコレクション写真で時折見かける通し方です。
この方法は「オーバー・アンダー(Over Under Lacing) 」、「オーバーラップ」とも呼ばれます。

最初の紐を表側から通している以外は(1)と同じですね。

【参考資料】
・Google検索:German Army Ankle Boots WW2German Army Low Boots WW2、他色々なキーワードで見つかったコレクション写真など
・岡山ゴムの靴ひもの結び方。結び方21種の図解や、ほどけにくい結び方等。Shoe Lacing。(http://okayamagomu.co.jp/shoelacing/) / オーバーラップ
・Ian's Shoelace Site (http://www.fieggen.com/shoelace/) / Lacing Methods / Over Under



(3)【Der Erste Zug式】

アメリカのドイツ軍リエナクトグループのウェブサイト「Der Erste Zug」に掲載されている方法です。
この方法は「ストレート・ヨーロピアン(Straight European Lacing)」、「パラレル」とも呼ばれおり、ヨーロッパでは伝統的な形式だそうです。

解説によると当時の写真で確認できる一般的な通し方の一つだそうで、他のバリエーションも掲載されていますが、表側をクロスさせないのは共通しています。
さらに利点として「キツくシッカリ結べて、汚れや異物も入りにくく、足を負傷して脱がす際に靴紐を切断するのも楽」という解説もあります。
確かに素早く切断するのには都合のいい通し方ですね。

【参考資料】
・Der Erste Zug(http://www.dererstezug.com) / Articles / Landser Items / How to "Bar Lace" your Boots
・岡山ゴムの靴ひもの結び方。結び方21種の図解や、ほどけにくい結び方等。Shoe Lacing。(http://okayamagomu.co.jp/shoelacing/) / パラレル
・Ian's Shoelace Site (http://www.fieggen.com/shoelace/) / Lacing Methods / Straight European





以上が3つの通し方になります。
日本陸軍では部隊によって編上靴の靴紐の通し方が異なるケースある、と聞いたことがありますが、ドイツ軍ではどうだったのでしょうか。

私の中では「軍装をしている人の写真やショップの見本写真でよく見るのは(1)の方法」になっていますが…決定的な何かを見つけることができませんでしたので、考察の答えとしてはわからず仕舞いです(爆)
ちなみに3つの方法はいずれもキツくしっかり結ぶことができ、その点では特に差異を感じませんでした
また何か発見がありましたら続くと思います。

WWIIドイツ軍 アンクルブーツ(編上靴)の靴紐の通し方(結び方)考察」はこれで以上です。  

2014年10月13日

【続続・やってみた】白黒写真の着色にチャレンジ


白黒写真着色シリーズの新しいものができましたので今回はそれを内容のネタにします。

これまで人物写真の着色をしてきましたが、今回はそれ以外の被写体でチャレンジしてみました。






【元写真:Wikipediaの記事「十一年式軽機関銃」で掲載されている写真】(Wikipedia

十一年式軽機関銃です。
生い茂る草の前で撮影した挿弾子付きの弾の入る弾薬箱とのツーショットで、負革付きの十一年式軽機関銃の装填架内には弾を装填済みです。
これを着色してみようと思います。











完成したのがこちらです。
草の着色が特にイマイチですね…(汗)
元写真の十一年式軽機関銃は握把から銃床にかけての色が他の部分と大きく異なっていますので着色写真でもその仕様にしましたが、元からそういう色なのか、使い込んだ結果なのか、そこだけ交換しているのか、Google先生で現存品の写真も色々見てみましたが、よくわかりませんでした…。





【続続・やってみた】白黒写真の着色にチャレンジ」はこれで以上です。  

Posted by Y.A.S. at 19:42Comments(0)雑記

2014年10月08日

WWIIドイツ軍 銃剣とスコップ(シャベル)の携行方法考察(実演有)


今回はドイツ軍の銃剣とスコップの携行方法についてです。
スコップとシャベルの違いについて語り始めるとそれで記事が終わってしまいますので、本記事ではスコップで統一します。






【用意したもの】
ヴァイスブラウレジデンツ製:SG84/98銃剣 / 鞘 / 剣差し
東ドイツ軍実物:ストレートスコップ(再塗装済み)
S&GRAF製:ストレートスコップ用ケース






ドイツ軍では基本的に銃剣とスコップはウエストベルトの左側に装着します。
具体的な位置は規定に関する資料を見ていないのでわかりませんが、概ね左脇の下辺りです。
なお、銃剣はグリップの膨らみがある方が前方になるように鞘へ入れ、スコップはブレードを裏面にしてケースへ入れます。

この写真では銃剣とスコップを別々に装着しています。
この状態ですと動いた際に銃剣とスコップが別々に揺れてしまい、安定感に欠けてしまいますが、当時の写真でも確認できる装着方法です。


タミヤのプラモデルで有名になった装着方法」と言われているらしい、銃剣の鞘をスコップの固定ベルトで縛り、重ねて装着する方法です。


銃剣がスコップに固定されます(ウエストベルトと合わせて二点保持)ので、別々に揺れるという問題が解決します。
確かこちらが同時携行時の規定装着方法だったと思います。
また、写真にはありませんが、折り畳みスコップのケースには銃剣固定用のループがありますので、そのループに銃剣の鞘を通して固定します


【元写真:海外フォーラムで拾ってきた写真】

銃剣とスコップを重ねて装着している姿が確認できます。
次は変則的な装着方法の例をご紹介します。


【元写真:Youtube動画「Battle for Berlin April 16 1945-May 2 1945」における「1:10~1:12」のシーンのキャプチャー】

ベルリンの戦いでソ連軍と交戦中のドイツ兵です。
手前の兵士は背中に背負っている荷物と一緒にスコップを装着しています
スコップをウエストベルトで吊ると結構重さが偏りますので、重量バランスを考えるとこちらの装着方法もいいかもしれませんね


【元写真:海外フォーラムで拾ってきた写真】

バルジの戦いで撮影された有名な武装親衛隊の写真です。
ちょっとわかりにくいですが、カメラ目線の兵士の腰周りにある装備で写っている鉄板みたいなものはスコップのブレードで、ウエストベルトにスコップを挟んでいます
その兵士の左側にいる後ろ姿の兵士で、右腕から見えている角ばった黒いものもウエストベルトに挟んでいるスコップのブレードでしょうかね?
この装着方法ですと必要な時はすぐに取り出すことができますので即応性に優れます
また、とっさにスコップを使用して敵兵をぶん殴るという話も大体この装着方法だと思います。


ちなみにカメラ目線の兵士はバトルフィールド1942(Battlefield 1942、BF1942)のWWII MOD「Forgotten Hope(FH)」の背景にもいます。

【参考資料】
Forgotten Hope公式サイト(http://forgottenhope.warumdarum.de/


マップのロード中でもあなたを見ています(「1944」周辺に注目)





最後は関係ない話へ脱線してしまいましたが、「WWIIドイツ軍 銃剣とスコップ(シャベル)の携行方法考察」はこれで以上です。  

2014年10月05日

WWIIドイツ軍 Kar98k用弾薬ポーチの装着位置考察(実演有)


今回はKar98k用の弾薬ポーチにおける規定装着位置についてです。

ドイツ軍の規定ではバックルから3cm離す」という話をどこかで読んだか聞いたかしたのですが思い出せず、それらしいキーワードを並べて片っ端から検索した結果、「STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類」と「MP44.nl」のKar98k弾薬ポーチ解説の中でそれぞれ「規定ではベルトバックルから3cm離して付ける事とされていた」「According to the regulations the pouches had to be worn at distance of 3 cm from the belt buckle(管理人翻訳:ポーチはベルトバックルから3cmの間隔を取って装着する規定となっています)」という文章が見つかりましたので、本記事ではそういうことにします。

【参考資料】
・STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類(http://steiner.web.fc2.com) / 小銃用弾薬盒
・MP44.nl(http://www.mp44.nl/) / German Field Gerar / 98k ammo pouches




上記の情報を基に片方を装着してみました。
ちなみに写真のポーチとバックルは海外製複製品、ベルトは東ドイツ軍の実物(代用品)です。


定規を置いて間隔の拡大です。
「3cm間隔」とはありますが、参考資料ではベルトとバックルのどこを基準に3cmなのかが明記されておらず、もう一度探しても答えが出ませんでしたので、ひとまず写真のように「ベルトを正面から見て、ベルト上面の縁を基準にして当たる部分の間隔が3cm」としました。


カンプバタリオン!!製M43野戦服の上から装着してみました。
バックルの位置も野戦服を重ねた部分の境目に合わせます。
この状態を基にして当時の服装が整った写真を探してみましたが、いいアングルと高解像度の写真が見つからず、基準はわかりませんでした。
第一次世界大戦時の帝政ドイツ軍の写真は色々見つかりましたが、当時も3cm間隔の規定だったのでしょうかねえ。


上から見るとこんな感じです。
調整の際はイチイチ定規で測るわけにもいきませんので、「自分の手の指の第一関節までが大体3cm」や「野戦服のこの辺りが大体3cm」、「ベルトの裏にコッソリ印をつける」といった工夫をするといいと思います。



WWIIドイツ軍 Kar98k用弾薬ポーチの装着位置考察」はこれで以上です。  

2014年10月04日

WWIIドイツ軍 水筒と飯盒の装着方法 雑嚢編(実演有)


今回のお題は「ドイツ軍の水筒と飯盒を雑嚢に装着する」です。
WWIIドイツ軍装備でサバゲをしている人は金属音が騒がしい」というサバゲ都市伝説の由来の一つですね(謎)


【用意したもの】
西ドイツ・ベルリン警察実物:1960年代型飯盒(※フラットブラックに再塗装済)
東ドイツ軍実物:1950年~1960年代型水筒
東ドイツ軍実物:1962年製 WWII型装具ベルト
東ドイツ軍実物:WWII型雑嚢



写真に写るものはすべてWWII実物でもなく複製品でもなく代用品(東西ドイツ軍)です。

WWII終結後編成された東西ドイツ軍が初期に使用した装備の中にはWWIIの面影を残しているものがあり、現在も代用品として使用されています。
東西ドイツ統一(1990年)後の東ドイツ軍装備放出ラッシュでは日本でも大量かつ格安で投げ売りされていたそうですが、現在は希少価値が出ているものもあるそうです。

水筒と飯盒の装着位置は部隊や個人で異なるケースがありますが、当記事では一般的に知られる「右に水筒、左に飯盒」で進めます。
なお、飯盒の固定に使用するベルトは飯盒専用ベルトを所有していませんので別のベルトで代用します。






【水筒の装着方法】

水筒についているナス環を雑嚢上部のDリングに通し、ナス環側のベルトを雑嚢下部のベルト通しループに通します。


ループに通したベルトを水筒下部で固定します。
ここでは前後のベルトが交差することになりますが、上に来るのは後ろから通したベルトです
なお、水筒によってはベルトの素材が革ではなく布になる場合があり、固定方法も若干異なります。


完成です。



【飯盒の装着方法】

装具ベルトを雑嚢のDリングとループに通します。
装具ベルトの向きは金具がある方が下になります。


装具ベルトを飯盒にある2つのベルト通しの穴に通して固定します。


使用している装具ベルトが飯盒専用のものでないため長さが足りず再現できませんが、本来は飯盒のハンドルも動かないように固定します。


イメージとしてはこんな感じです。
飯盒専用ベルトではベルト金具に通した後の余った長さでループを作り、その間に飯盒のハンドルを通して固定します。
実物飯盒でハンドルが変形している場合、この処置を怠ったことで装備中に変形させた可能性もあるそうです。
なお、水筒同様固定に使用するベルトにも革製以外に布製があります。


水筒と飯盒を装着した状態です。





雑嚢への装着解説はこれで以上です。

最後に、装着解説前に述べました「水筒と飯盒の装着位置は部隊や個人で異なるケースがある」についてを、当時の写真を使用して見てみましょう。




【元写真:海外フォーラムで拾ってきた写真】

ヘルメットのデカールから判断すると武装親衛隊ですね。
乗馬する将校の前に周りが集まっています。
この写真に写る兵士の後ろ姿を見ると、水筒は雑嚢左側に装着し、飯盒は両肩から掛けたサスペンダーらしきものを使用して背中で吊っていますね
この部隊では装備の装着位置と方法を統一していると思われます。



水筒と飯盒の装着は指揮官の判断のよって、どちらか片方だけ装備する、あるいはまったく持たないケースもあり、他の装備でも共通しますが作戦行動で必要ないものは外した方が身軽になる、という理由から来ています。

もしWWIIイベントで部隊編成があった場合、指揮官に水筒と飯盒の携行について確認するのもいいかもしれませんね。
皆で統一すれば部隊全体もカッコヨク見えると思います。


WWIIドイツ軍 水筒と飯盒の装着位置考察 雑嚢編」はこれで以上です。  

2014年10月03日

WWIIドイツ軍 ツェルトバーンの畳み方(巻き方)考察 外付け編(実演有)


今回のお題はドイツ軍のツェルトバーンを外付けする場合の畳み方(巻き方)についてです。
巻き方が何種類あるのかはわかりませんが、今回は参考資料をいくつか目を通し、それを基にした畳み方でいこうと思います。



【参考資料】
・STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類(http://steiner.web.fc2.com) / 国防軍のツェルトバーン
・MP44.nl(http://www.mp44.nl/) / German Field Gerar / Tent (Zeltbahn) / methods of wearing
・TUTORIAL – HOW TO – COME FARE – COMMENT FAIRE – COMO HACER – WIE MACHEN(http://www.revgraph.com/tutorial-how-to-come-fare-comment-faire-como-hacer-wie-machen/tutorial-how-to-come-fare-comment-faire-como-hacer-wie-machen.htm) / HOW TO FOLD A ZELTBAHN
・30th Infantry Division(http://30thdiv.weebly.com/) / Folding your ZELTBAHN
・Zeltbahn.net - German and related camouflage(http://www.zeltbahn.net/) / Use and wear / Folding and carriage





(1)
解説で使用するのは海外製複製品(メーカー不明)のM31ツェルトバーンです。
まずツェルトバーンの真ん中にある開閉口が縦になるようにしながら全体を広げます。
一応表裏があるのですが、基準がよくわりませんでしたので解説では迷彩色が全体的に暗い方を上にします。

季節によって変えているのでしょうかね…?
ちなみに横幅は部屋ギリギリで何とか広げることができました(笑)


(2)
三角形の頂点を底辺側の縁の中央部に合うようにして畳み、逆三角形を作ります。


(3)
左右どちらからでもいいですが、ツェルトバーンの端を持って逆三角形側へ畳み、両方のアウトラインを合わせます。


(4)
反対側も同じように畳んで横長の長方形を作ります。


(5)
次も左右どちらからでもいいですが、縦のアウトラインを中央の縦ラインに合わせて畳みます。


(6)
反対側も同じく畳み、今度は縦長の長方形を作ります。


(7)
過程(5)~(6)と同じように、もう一度中央の縦ラインに合わせて畳みます。


(8)
反対側も畳みます。
この段階でツェルトバーンの横幅が決まります。
規定では横幅35cmだそうです


(9)
その次もどちらが先でもいいですが、横のアウトラインを長方形の中央に合うように畳みます。


(10)
反対側も同じように畳みます。


(11)
最後は鳩目から遠い方、写真を基準にすると上から下に向けて強めに巻くように3回畳めば完成です。
後は装具ベルトで締めたり、Aフレームに取り付けたりします。


横から見るとこんな感じです。





以上が参考資料を基にした畳み方ですが、実は参考資料にある解説は若干差異があります。
一次資料を読んでいないので何とも言えませんが、端と端を隙間なくしっかり揃えながらこの方法で畳むと既定の35cmに近い数字が出ました。


この写真は最初からスタートして3回畳み終わったところ(過程1~4)ですが、この写真では先に両サイドを中心線に合わせて畳み、それから上を畳んでいます。


私が行った方法との違いがわかりますでしょうか?

この方法で同じように隙間なく畳むと横幅が若干狭くなります。
参考資料によっては若干隙間を開けて畳んでおり、これが横幅の調整に繋がっていると思いますが、どちらが正確なのかはわかりません。

最後に畳み方の見本動画もご紹介します。


参考資料:Zeltbahn Fold And Roll Technique】(YouTube

この動画の方法は両端から先に畳んでいますね。
そしてこの方法は私の解説(9)以降と異なっており、一気に巻いています。


WWIIドイツ軍 ツェルトバーンの畳み方考察 外付け編」はこれで以上です。  

2014年10月02日

WWIIドイツ軍 ガスシートケースの装着方法考察


今回はドイツ軍のガスシートケースの装着方法についての考察です。
ガスシートバッグ、ガスシートポーチ、ガスケープポーチなど呼び名は色々ありますが、このブログではガスシートケースで統一します。

ガスシートケースは1939年の開戦時からありますが、規定の装着方法は終戦までに2回変更されています。

【参考資料】
・STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類(http://steiner.web.fc2.com/) / ガスシートとガスシートケース
・東部戦線的泥沼日記 ~WW2 German Military Collection(http://gerhard03.blog61.fc2.com/) / ガスシートとポーチ (Gasplane mit Tasche)





【開戦時の規定装着方法】

ガスシートケースの裏にある2つのループにガスマスクコンテナのストラップを通し、胸付近に置く開戦時の装着方法です。
しかし、参考資料のSTEINER氏の記事によると元々この装着方法はゴム引き布製ケースに合わせたものであり、ゴム引き以外のケースとは相性が悪く、現場では「体を動かすと位置がすぐ下にズレる」と酷評されました
(いつからガスシートケースが採用されているかはわかりませんが、訓練段階でわからなかったんでしょうか)
ちなみに写真のモデルはK氏で、このケースはS&GRAF製の通常の布製複製品です。



【1940年改正の規定装着方法】

写真は使い回しです(汗)
1940年3月18日に通達された「陸軍規定40年第381号(HM.40 / Nr.381)」で改正された装着方法は表からパッと見た感じでは何も変わっていないように見えますが、ガスマスクコンテナのストラップをガスシートケースのループに通す際に、1回巻き付ける方法になりました
しかし、この方法でも「体を動かすと位置がすぐズレる」の解消はできず、依然現場では不評が続きました。
なお、「1回巻き付ける」の方法が「ループごとに巻き付ける」のか「まとめて巻き付ける」のかはわかりません…。



【1942年改正の規定装着方法】
当記事用再現写真無し、参考資料のSTEINER氏の記事内に再現写真があります
1942年12月11日、「陸軍規定42年第1130号(HM.42 / Nr.1130)」が通達され、約2年9ヶ月ぶりにガスシートケースの装着方法が再改正されました
待望(?)の新しい装着方法は「ケースの位置を胸の中央からコンテナ側面に変更」です。
最初から限界まで下にズラしておけば問題解決!」と思っていたのかはわかりませんが、現場では「これだとシートのループの強度に難有あり」という新たな問題が発生し、結局不満の矛先が変わっただけで装着方法の問題は解決されませんでした

ちなみにこの装着方法をする当時の写真と映像はこの記事を投稿する段階では発見できませんした。




結局軍の規定で現場を満足させることはできませんでしたが、一方現場では独自の改善方法を早くから生み出し、広く伝わっていきます
ドイツ軍をやっている方でしたら大抵ご存知のアレです。





【現場独自の装着方法】

ガスシートケースをガスマスクコンテナに縛り付ける、広く取り入れられた装着方法です。
写真はWWIIイベント時に撮影したもので、装具ベルト1本で縛っていますが、それが2本なったり、別のものを使用する例もあります。
これなら問題ないし、邪魔にもならない」と現場は大満足したのでしょうが、風の噂か何かでこれを知った軍は「勝手なやり方はけしからん!」と怒ってしまい「ちゃんと規定通りに装着せよ!」と禁止命令を通達しました(いつ頃なのかはわかりません)。
しかし、現場の多くはこの通達を無視し、引き続きガスマスクコンテナに縛り付けて運用していきます。
その後「禁止命令通達→無視」が何度も何度も繰り返され、42年改正の装着方法は「ガスマスクコンテナの横に付けてもいいから、縛り付けるな」という声が入ってるような気もしますが、結局終戦まで禁止命令が完全に守られることはありませんでした





まさに「事件(装着方法の不満)は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」ですね(謎)
これでガスシートケースの装着方法については以上ですが、一つ疑問があります。





装備をきちんと整える必要がある場面でも禁止命令を破って装着しているのか



いくら便利で効果的な装着方法とはいえ、命令で正式に禁止されている方法ですので規律の面では問題があるでしょう。
もっとも、禁止命令無視が顕著になってきたという戦争中期からは「赤信号、皆で渡れば怖くない」状態になっていたのかもしれませんが…。


(元画像:海外フォーラムで拾った「赤信号、皆で渡れば怖くない」状態の写真)



とりあえず1944年~1945年で探してみましょう。





【参考資料1】

HD Historic Stock Footage WWII GERMAN BLITZ BATTLE OF THE BULGE(Youtube動画
「3:38~3:40」のシーン



まずは1944年12月から1945年1月に掛けて行われたドイツ軍最後の大攻勢、通称「バルジの戦い」の動画からです。
該当シーンがバルジの戦いと関係ない動画、特に年代を遡ることになると大いに問題アリですが、とりあえず1944年末~1945年初頭の資料とします。

該当シーンの一部を静止画にした画像を2枚用意しましたので、ご覧下さい。




(該当シーン1)


(該当シーン2)



戦地に向かっているのか、別の場所に向かっているのかはわかりませんが行軍中の映像です。
少々見にくいと思いますが、少なくない人数の兵士がガスシートケースを1942年改正以前の位置に装着しています。
胸の真ん中ではなく、右脇腹付近に寄っていますが、おそらく左肩からタスキ掛けしてるストラップにケースのループを通しているのでしょう。
ガスシートケースを持っているなら通常ガスマスクコンテナも持っていると思いますので、そっちに縛り付けることもできるでしょうが、こちらを選んでいるということは何かしら理由があると思います。

続いての資料はこちらです。



【参考資料2】

(元写真:海外フォーラムから拾ってきた写真)



1944年に撮影された武装親衛隊の第13SS武装山岳師団「ハンジャール」(クロアチア第1)の写真です。
左から1人目と4人目の兵士がガスシートケースを1942年改正前の位置に装着していますね。
左から4人目の兵士のケースはかなり下の位置にあります。
他の兵士はケースを別に装着しているのか、持っていないのか、単に隠れているのかは不明です。





参考資料はこれで以上です。
これでもかなり探した方なのですが、「この時代のもので多分あってるだろう」という資料は上記の2つで精一杯でした。
YouTubeでは当時の動画を色々見ましたが、解像度が悪い以外にも「タイトルでは時代や場所を絞っているのに、それと関係ないシーン(見覚えのあるシーン)が写っているので、どこまで関係ある動画なのかわからない」ということが多かったので、記事に記載した動画を見つけるのにも苦労しました。



さてさて、ここで2つの仮説を立てみましょう。
1つ目の仮説ですが、参考資料1の該当シーンからイメージして、「装備を整えて行動する場合は指揮官の指示でガスシートケースの位置を決めていたのでは」と考えています。
例えば日本陸軍の場合ですが、九九式背嚢に円匙を縛着する場合、規定の位置は背嚢上面ですが、部隊長が旧型背嚢の時と同じ背嚢右側面の方がいいと決めてその部隊の背嚢の円匙の位置が右側になった、という話があるそうです。

重装サスペンダーの考察時と似た感じですが、「正す時は正して、それ以外(戦場など)の時はどちらでもOK」だったのかもしれません。
ただ、重装サスペンダーの場合はソコソコ資料写真で検証できたことに対し、今回の件の資料数はご覧の状態です。
散々禁止命令を出した規定違反の装着方法が終戦まで続いていたのは間違いないと思いますが、シチュエーションに関係なく無視していたのかについてはわかりません。

もう1つの仮説は「ガスシートケースをガスマスクコンテナに縛着したいが、それに使えるものがなく、かといって1942年改正の装着方法は不安があるのでそれより古い装着方法にした、または指揮官からそういう指示が出ていた、あるいは実行している兵が1942年改正以前の教育を受けている関係では」です。
もう1つ、と言いながら3つ述べているのは気にしないでください。



果たして真実はどうだったのでしょうか。
続報が入りましたら続きます…。

WWIIドイツ軍 ガスシートケースの装着方法考察 」についてはこれで以上です。