あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年01月05日

松崎商店製 複製 / レプリカ:日本陸軍 貴重品袋


名称:貴重品袋
メーカー:松崎商店
価格:忘却





今回ご紹介するのは日本陸軍の貴重品袋の複製品です。
文字通り貴重品を入れるもので、軍隊手帳や金銭などを入れて携行していました。
この貴重品袋は東京の松崎商店で購入したものです。
確か同商店製の複製品だったと記憶していますが、確証は持てません……
この記事内では松崎商店製としています。


表側です。


裏側です。
サイズは170mm x 90mmで、非常にシンプルな形状です。
この形状のものはいつ頃採用されたのでしょうかね?


部隊名と氏名の記入欄があります。
この部分のデザインは数種類あり、記入欄が完全に空白のものや裏にあるもの、星周りの描き方が異なるものなどがあります。
ちなみにGoogle先生に聞いた限りでは松崎商店製と同型の実物写真は見つかりませんでした。
このデザインのものは実在したのでしょうかね?


生地の拡大です。
色は国防色です。


中は特に仕切りも無いシンプルなデザインです。


貴重品袋の口を閉じる紐です。
白の面紐が使用されています。
実物は麻紐を使用しているのでしょうかね?


紐の長さは袋の口を開いた状態で約570mmです。
貴重品袋は首に紐を掛けて携行するするそうで、長さには余裕があります。






この貴重品袋は私所有の携帯電話を収めるのに丁度いいサイズであり、ゲーム中の写真を撮影するときなどで携行する際はこの中に携帯電話を入れ、首から下げて携行しています。

貴重品袋にまつわる話の1つに昭和15年(1940年)12月8日に都城歩兵第23連隊において発生した貴重品袋窃盗事件があります。
記録によると偽将校が部隊に侵入し集合させた兵隊から貴重品袋を騙し取って逃走したとあります。

【参考資料】
・無門塾(http://blog.goo.ne.jp/mumon_1938) / 2010年08月04日投稿:「だんだん堀」事件

松崎商店製 複製 / レプリカ:日本陸軍 貴重品袋」はこれで以上です。  

Posted by Y.A.S. at 23:30Comments(0)