あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2017年02月28日

当時物 (株)小林商店 ライオン歯磨 歯磨き粉 ブリキ缶


メーカー:株式会社 小林商店(現:ライオン 株式会社)(ウェブサイト





今回ご紹介するのはライオン(株)(株)小林商店時代に発売した練り歯磨きのブリキ缶です。
サイズは「40mm x 55mm x15mm」と小型です。


ブリキ缶の正面です。
英語で

TOOTH LION PASTE
TRADE MARK
SOLD BY
T. KOBAYASHI. TOKYO


と刻印されています。
中央にはライオンの刻印があります。
この缶の刻印にはバリエーションがあるようですが、この缶はウェブ上の写真で確認できた缶とは刻印が異なります

【参考資料】
・Google検索:ライオン歯磨き 缶



上記の検索結果で確認できた缶は凸刻印ですが、所有する缶は凹刻印です。
また、ライオンの顔のデザインもかなり簡略化されています
一応戦前のものとは聞いていますが、いつ頃のものなのでしょうかね?
ちなみに(株)小林商店は1949年に社名をライオン歯磨(株)へ改名しています。


底面です。
特に何もありませんのでスッキリしています。


縦側面です。


横側面です。
開ける際に爪を引っ掛ける突起があります。


横側面の反対側です。


缶の中です。
何も残っていませんでした。


実物の日本陸軍ベークライト製釦を中に入れてみました(入れ過ぎ)
軍ではこのような小型の缶を個人的な小物入れとして利用、雑嚢の中にも入れていたそうで、私は雑嚢アイテムとして手に入れました。
小さくて紛失しやすいものを入れるのに重宝すると思います。

当時物 (株)小林商店 ライオン歯磨 歯磨き粉 ブリキ缶」はこれで以上です。  

Posted by Y.A.S. at 23:45Comments(0)戦中品