あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

2014年03月26日

無可動実銃 MP38(突撃!隣の無可動実銃)


名称:MP38(STEINER WW.II ドイツ軍 軍装品 武器類
タイプ:短機関銃
メーカー:エルマ(開発元)
全長:630mm(ストック折り畳み時) / 833mm(ストック展開時)
重量:4kg
発見日:2014年3月21日(金・祝)
発見場所:和歌山県 バトルランド-1(ウェブサイト




WWIIイベント「ざ・ウエストフロント」の1日目の夜にMP38の無可動実銃を見つけました。
持ち主様のご厚意で撮影したり触ったり構えたりと、色々堪能しました。
改めまして、ありがとうございます。

なお、以下の写真からは編集で明るくしています。


左側面です。
改良型のMP40と比較すると、色々相違点がありますね。


銃身部周辺です。


斜めから。


マガジン周辺とレシーバーの前半分です。
マガジンキャッチと、その上の形はMP40より凝った形状をしています。


トリガー周りとレシーバー後ろ半分です。
ちなみにボルトハンドルの形状は改良型だそうです。


こちらも斜めから。


ストックです。
ストックの固定は非常にガッチリしており、ガタは一切ありません。


またまた斜めから。
トイガンでは大なり小なりガタがありますので、実銃の持つ力を感じる部分のひとつです。


右側面も撮影してみました。


銃身部周辺です。


マガジン周辺とレシーバーの前半分です。


トリガー周りとレシーバー後ろ半分です。


私がMP38で最も特徴的と思う部分は、このレシーバー上の形状です。
一体何故このような面倒くさそうな形状にしたのかはわかりませんが、生産効率向上のため完成の2年後(=MP40)に省略されます。
画像のレシーバー左端には「MP.38」の刻印がありますね。


機関部はボルトが後退した状態で溶接されているため、排莢口からマガジンに入っているダミーカートを眺められます。


少々ズレていますがサイトを覗いた視点です。


MP38を構えてご満悦なK氏。
マガジンの固定もガタはほとんどありません。


ストックを畳んで構えるとこんな感じです。




写真をポンポン載せただけの記事になりましたが、無可動実銃を見るだけではなく、こうして触れるのは初めてでした。
持ち主様からどこのメーカーで作られたなど、この銃にまつわる話を色々聞きましたが、残念ながら忘れました(爆)

改めまして、貴重なコレクションを触れさせて頂きありがとうございます。






関西ヒストリカルイベント主催「Reenactment 満州1945」開催計画中!

関西ヒストリカルイベント公式サイト:http://his-event-kansai.com/
関西ヒストリカルイベント公式ブログ:http://khe.militaryblog.jp/
同じカテゴリー(無可動実銃)の記事画像
無可動実銃 PPS-43【突撃!隣の無可動実銃】
無可動実銃 G43 & ZF4スコープ【突撃!隣の無可動実銃】
同じカテゴリー(無可動実銃)の記事
 無可動実銃 PPS-43【突撃!隣の無可動実銃】 (2014-04-07 18:34)
 無可動実銃 G43 & ZF4スコープ【突撃!隣の無可動実銃】 (2014-04-06 18:30)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。