あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

2014年04月06日

無可動実銃 G43 & ZF4スコープ【突撃!隣の無可動実銃】

【注意】
本ページはウムラウトを含むドイツ語アルファベットを掲載していますので、お使いの環境によっては正しく表示されません。


名称:Gewehr 43 / Gew43 / G43 / Karabiner 43 / Kar43 / K43(Wikipedia
タイプ:半自動小銃
メーカー:ベルリナー・リューベッカー・マシンファブリック(Berliner Lübecker Maschinenfabrik)
全長:1,117mm
重量:4.4kg(ZF4スコープは除く)
発見日:2014年3月21日(金・祝)
発見場所:和歌山県 バトルランド-1(ウェブサイト




WWIIイベント「ざ・ウエストフロント」の1日目の夜にMP38の無可動実銃を見つけましたが、その後さらに実物ZF4スコープのついたG43の無可動実銃も姿を見せました。
MP38同様、持ち主様のご厚意で撮影したり触ったり構えたりと、色々堪能しました。
改めまして、ありがとうございます。


右側面です。
G43を嬉しそうに構えるL氏の脇で、ZF4スコープの照準を捉えるべくK氏がカメラを構えています。


右斜め後ろ側です。
ZF4スコープのレンズカバーもついていますね


ZF4スコープが載るレシーバーの拡大です。
Fest」と書かれたレバーを反対側に動かすとスコープが外れます。


右側面のレシーバー周辺です。


リアサイト側にある刻印です。
G43は1944年4月25日に名称をKarabiner 43(Kar43、K43)に変更し、「G 43」の刻印も順次「K 43」に変更されました。
duv 44」の意味は、「duv」がメーカーを表し、このG43はベルリナー・リューベッカー・マシンファブリック社(Berliner Lübecker Maschinenfabrik)で生産されています。
44」は1944年製を表し、ヴァッフェンアムト、シリアルナンバーと刻印が続きます。


ZF4スコープの刻印です。
上がモデル名(「Gewehr Zielfernrohr 4-fach」の略称)、下がシリアルナンバーです。


さて、ZF4スコープの照準ですが、夜の野外ということもあって、私のデジカメで捉えることはできませんでした(爆)
ということでZF4スコープの背面です。
スコープを覗かせて頂いた際は、曇りも何もなく非常に明瞭だったことに驚きました
一番新しい製造品でも2014年時点で戦後69年が経過していますが、とてもそうとは思えない、極めて良好な状態でした




改めまして、貴重なコレクションを触れさせて頂きありがとうございます。






関西ヒストリカルイベント主催「Reenactment 満州1945」開催計画中!

関西ヒストリカルイベント公式サイト:http://his-event-kansai.com/
関西ヒストリカルイベント公式ブログ:http://khe.militaryblog.jp/
同じカテゴリー(無可動実銃)の記事画像
無可動実銃 PPS-43【突撃!隣の無可動実銃】
無可動実銃 MP38(突撃!隣の無可動実銃)
同じカテゴリー(無可動実銃)の記事
 無可動実銃 PPS-43【突撃!隣の無可動実銃】 (2014-04-07 18:34)
 無可動実銃 MP38(突撃!隣の無可動実銃) (2014-03-26 19:43)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。