あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

2014年11月02日

【雑記】FHSW "Chinese Army Addon" 中国軍MOD


今回は昔々やってたことの回想ネタです。

画像はバトルフィールド1942(BF1942)の第二次世界大戦MOD「Forgotten Hope(FH)」をさらに進化させたmini MOD「Forgotten Hope Secret Weapon(FHSW)」用の追加勢力として過去に製作していた中国兵です。
画像をクリックすると1024x768で表示されます。

FHSWについては説明するよりニコニコ動画のプレイ動画を見た方が早いのでそちらをご覧ください(丸投げ)
平たく言うとバトルフィールドシリーズのWWII版です。

【参考リンク】
・Forgotten Hope公式サイト(http://forgottenhope.warumdarum.de/
・Forgotten Hope Secret Weapon公式ブログ「Secret Ordnance Factory」(http://wbmuse.blog89.fc2.com/
・ニコニコ動画検索キーワード「FHSW」(http://www.nicovideo.jp/search/FHSW?track=nicouni_search_keyword
・YouTube検索キーワード「FHSW」(https://www.youtube.com/results?search_query=FHSW


【動画:Forgotten Hope Secret Weapon Menu Movie Battlefield 1942mod】(YouTube


【動画:battlefield BF1942 FHSW0.552「レイテ沖海戦day2」(part52)】(YouTube





知っている人もいるかと思いますが、FHのtexture.rfa内には「GENERAL_CHINESE」というフォルダがあり、その中には青天白日のマークが入るP-40 ウォーホークの未使用テクスチャがあります。
FHに中国軍は登場しませんが、中国軍の追加構想があったのでは、と思っています。
(アメリカ義勇軍「フライングタイガース」用のテクスチャだったのかもしれませんが)

中国軍の登場を希望する声もチラホラ出ていた影響もあって「FHSW用の中国兵を作ろう」というノリでカチャカチャ作っていたのですが、テクスチャ製作が綺麗に出来ず行き詰ったり、大陸打通作戦カスタムマップのスクリーンショットで高クオリティの中国兵がいたり、事実かはわかりませんが大人の事情的な裏情報を聞いたりなど色々あってモチベーションが低下、最終的にお蔵入りとなりました。

画像はファイル整理中に見つけたそのその作りかけデータを基にサクッと仕上げたものです。



軍服の配色は1936年制定の「陸軍服制条例」における新色軍服、参考資料で言う「草色がかかったカーキ色」をイメージいます。
テクスチャはハンガリー軍をものをベースに加工し、脚絆と編上靴はポーランド兵など既存テクスチャを流用、帽子とヘルメットはドイツ軍のものを流用しています。
(イチから作るのはメンドクサイです)


顔テクスチャはドイツ兵の顔テクスチャを無理やりそれっぽい顔立ちに改造しています。
私が製作した中国兵はデータ上「ドイツ兵モデルのテクスチャ違い」で、日本兵の顔テクスチャをそのまま移植することができず、調整も綺麗にできなかったのでこの方法にしました。

(アジア系ドイツ人…?)


画像は中国軍版Kar98k、中正式歩槍二式(別名:二四式歩槍、蒋介石歩槍)です。
中国軍の武器兵器は輸入したりコピーしたりレンドリースされたり色々ありましたので、ドイツ軍のSd.kfz.222の塗装を中国軍仕様にしたものなど色々考えていました。
モデリング技術は持っていないので、既存のモデルを使い回せる分製作は楽ですね。


【イメージ資料:Bronco 1/35 SdKfz 221 Chinese Army Version Light Armored Recon Vehicle Kit】(海外Amazon

BF1942のデモ版が流行っていた頃、ネタMODを作っては皆と遊んでいたのが懐かしいです。
ちなみに今年の夏には、10年ぐらい付き合いのある元BF1942デモ版仲間と初顔合わせ、要するにオフ会みたいなことをしました。
結局製品版ではほとんど遊ばずにデモ版ばっかりで遊んでましたねえ…(笑)
当時の仲間達が今頃どうしているのか、気になるところです。


話を戻してこの中国軍MODですが、ミニマップ用の旗とかもありますので一応カスタムマップに実装できる状態です。
もし中国軍MODが欲しいというモノ好きな方がいらっしゃいましたら、お手数ですがブログ左メニュー最下部にある「オーナーへメール」でご連絡ください。



【MOD内容】
・中国兵モデル用テクスチャ(ドイツ兵ベース)
・ヘルメットと帽子のテクスチャ(ドイツ兵ベース)
・陣地用フラッグ、ミニマップ用フラッグ各種
・兵科データのの試作品と兵科選択画面用アイコンの試作品
・音声合成で作った、やっつけ中国語音声


※兵科の装備データは試作品ですのでお好みに応じてデータを組んでください(兵科アイコン参考品ですので該当する武器データは入っていません)

気が向いたら中国軍MODの製作を再開するかも…しれません。

【雑記】FHSW "Chinese Army Addon" 中国軍MOD」はこれで以上です。






関西ヒストリカルイベント主催「Reenactment 満州1945」開催計画中!

関西ヒストリカルイベント公式サイト:http://his-event-kansai.com/
関西ヒストリカルイベント公式ブログ:http://khe.militaryblog.jp/
同じカテゴリー(雑記)の記事画像
【2017】新年明けましておめでとうございます【2677】
【続続】サバゲでも使用できる簡易ドイツ語集 その3(無線交信編)
記録映像で見る第二次世界大戦における小銃(ライフル)の持ち方考察
1/6 フィギュアで見る第二次世界大戦における小銃の持ち方考察
【続】サバゲでも使用できる簡易ドイツ語集 その2
とあるメーカーから発せられた、私達へのメッセージ
同じカテゴリー(雑記)の記事
 【2017】新年明けましておめでとうございます【2677】 (2017-01-01 00:00)
 【続続】サバゲでも使用できる簡易ドイツ語集 その3(無線交信編) (2016-02-29 19:42)
 記録映像で見る第二次世界大戦における小銃(ライフル)の持ち方考察 (2015-04-10 19:42)
 1/6 フィギュアで見る第二次世界大戦における小銃の持ち方考察 (2015-03-19 21:42)
 【続】サバゲでも使用できる簡易ドイツ語集 その2 (2015-03-17 21:42)
 都道府県のドイツ語直訳表記 (2015-03-06 19:42)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。