あの日本人ドイツ兵グループの1人の正体が "古森善五郎" 氏と判明
 東部戦線に従軍した唯一の日本人とされる軍医、古森善五郎氏とは?

 WWIIサバゲイベント「ヒスサバウエスト16」
 2017年3月18日・19日、和歌山県 バトルランド-1 にて開催予定

 WWII日ソ戦リエナクトイベント「Reenactment 満州1945」
 開催計画中!

2018年01月07日

海外製 複製 / レプリカ:ベトナム共和国(南ベトナム)陸軍 第18歩兵師団 刺繍型パッチ


名称:ベトナム共和国陸軍 第18歩兵師団 レプリカパッチ
メーカー:アメリカ製





今回ご紹介するのはベトナム共和国陸軍(南ベトナム、ARVN)の第18歩兵師団(Sư đoàn 18 Bộ binh)で使用されたパッチの複製品です。
南ベトナム軍のパッチの種類は主に刺繍型とシルクプリント型の二種類があり、さらに色のバリエーションでカラー型とサブデュード型(低認識型)、そしてパッチの縁の加工バリエーションでカットエッジ型(切りっぱなし)とメロウエッジ型(ロックミシン処理)があります。
この複製品は刺繍型・カラー型・カットエッジ型になります。


表面の拡大その1です。
(多分)第18歩兵師団のシンボルマーク、ドンユオンの伝説を由来とする弓矢(伝説の詳細はよくわかりませんでした)が描かれています。
1972年に行われた「アンロクの戦い」後に第18歩兵師団は、移動のため師団の墓地から去る際に戦いにおける戦死者に敬意を払うために弓を空に放ったと言われています。
当時の写真に写るカラーパッチ(シルクプリント型)と比較すると、弓矢の外周にある白い縁がこの複製品では省略されています。


表面の拡大その2です。
二色の背景色についてですが、左上側の薄青色は青空、右下側の濃青色は地球を表しているそうです。
右下の数字は第18歩兵師団を示しています。
こちらも当時の写真に写るカラーパッチ(シルクプリント型)と比較すると、写真のパッチは数字が黄色になっているのに対しこの複製品は白色になっています。
生産場所や時期によってパッチのデザインに差異もあるかと思いますが、この記事を書いた時点では同じデザインを見つけることができませんでした。


背面です。
大きさは縦が80mm 、横が65mm です。


側面です。
厚さは約1.5mmです。






「海外製 複製 / レプリカ:南ベトナム陸軍 第18歩兵師団 刺繍型パッチ」はこれで以上です。






関西ヒストリカルイベント主催「Reenactment 満州1945」開催計画中!

関西ヒストリカルイベント公式サイト:http://his-event-kansai.com/
関西ヒストリカルイベント公式ブログ:http://khe.militaryblog.jp/
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。